FC2ブログ

密天堂仙の安居楽業

人の心はコロコロ変わりますがどちらの心に答えますか?



人の心はコロコロ変わりますがどちらの心に答えますか?

貴方の心もコロコロ変わる。
彼の心もコロコロ変わる。
発言もコロコロ変わる。

絶対に別れたい!それで良いかしら?
絶対に別れたくない!どうしたら良いかしら?
2ヵ月3ヵ月の内に、
好き嫌い、嫌い好き、
別れる別れたくない、
頑張る頑張りたくないコロコロと
心は変わります。

心が定まれば二人の関係も定まるかもしれませんし、
心が定まれば、安定した関係が作れる彼がどこからか現れるかもしれません。

人間は外での自分とプライベートな自分がいますよ~

仕事場で現わす人格キャラと
プライベートで現わす人格キャラ
これが大体・・・・

年の星と人格は表の表の顔と人格キャラ
月の星と人格は表の裏の顔と人格キャラ
------------外面人格キャラ↑--------

------------内面人格キャラ↓--------
日の星と人格は裏の表の顔と人格キャラ
時の星と人格は裏の裏の顔と人格キャラ


仕事での自分確認の意識と
プライベートでの自分確認の意識
どちらも一つの鏡です。

調和の取れた人格キャラと運命のバランスというのは
この外面と内面のバランスが良い人の事です。

恋愛というのは大体が外面の星で引き合う相手の事を言います。
結婚運というのは内面の星で引き合う相手の事を言いますよ?

人格が未熟だと人は外面の星で好きな相手を求めて
結婚まで行かないです。

内面の人格で好きになる愛する相手というのは刺激的な関係ではなくて
親子兄弟姉妹のような親密さと信頼の意識で一緒に暮らせる人を選びます。

まあ、衝動やカルマを意味する時の星の人格での
カルマ星系列が相手のカルマ星系列で
引き合う場合もあります。

星の方程式、星の遺伝子工学というのは幾つも公式があるので
今の話は一般的な基本構造をお話ししています。
基本を知って理解したら応用や例外が理解できます。
例外というのは100の内に10以下という数です。
稀に特殊なケースがあるという事です。

人間は付き合えば付き合うほど
年星から月星へ
月星から時星へと関わる星の場所が深まります。
外面人格キャラの座で知り合い惹かれ合い付き合っても
関りが深まると日星と時星の人格キャラが出て来るので
そこで上手く行かなくなったという時期が出てくるのです。

こういうのは霊感霊視だけとかタロットだけとか易だけという人は
知らないのですよ?
星の学問というのは宇宙の原理なので
確り学ばないと知らない侭なんです。

霊感霊視とかタロットだけとか易だけで算数や数学問題を回答してみなさい!と
言われてもできませんね?
外国語を話してみろ!と言われても無理ですね?
勉強しなければ分からない身に付かない物事があるのです。

どうも無知な人は星学を軽んじていて、
星学を行う人は霊感霊視能力が無いと思い込んでいる人が多いですね。
私は何月何日何時何分何秒にどこどこの交差点に
真東の方位を向いてその時間ピッタリに現れた人にこの花を渡しなさい!
その人が貴方の運命の人です!という霊視予言が出来ますよ?
その男性は渡辺と言います。9月18日生まれです。
定期券をその日に見せてもらう出来事が起きます。

そういう能力を過去に沢山使ってきましたが、
結局は人は特殊能力で助けられても
その人自身が学び理解を深めなければ人生が深まらない。
霊感霊視の予知予言を的中させても
人間の魂は育たない。

それに学びが無ければ、毎度毎度特殊能力でピタリと指摘しても所詮は意味がない。
不思議な力で運命をサポートされても魔法が効き続けなければ元の木阿弥になる。
元の木阿弥になり易い。理由は本人の魂が人生を人格を熟達しなければ、
仕事も恋も愛も結婚も何もかもその人の本物の人生には実力にはならない。

だから、学べる原理を示し、
理解して深めて実力を付ける事の出来る方法でアドバイスしていきます。
裏では常に不思議な能力は使われていますが、
それは表に出さず、主体ではなく副として用いています。

普通に考えて誰か自分以外の特殊な能力の人に助けられて
不思議な力でサポートされなければ
上手く行かない恋愛はおかしくありませんか?

簡単に言うと黒魔術とか呪いで
恋敵を殺したり事故に遭わせたり、大喧嘩させるように誘導して
自分に無理やりにでも好きになる呪いをかけて幸せになってたとしても、
呪いや魔術は所詮は不誠実な欲望実現の手段であって
誠の愛情や誠の恋ではないです。
本心の日星や時星の人格からのお付き合いではなく
見かけの人格の年星と月星の表面的な考えや感情や欲望の満足を恋だと言っても
その先には愛がないのです。( ゚Д゚)?

占いも過度に依存したら不自然な恋愛で上手く行きませんし、
自分のカルマや宇宙原理を学ぶ決起として
占いや占い師を利用して 
恋するあまり学んで運命や人格を磨いた結果に引き寄せた良縁ならば
それは実力と努力の結果であって本物と言えます。
それは偽物の魔術や呪いではないです。

恋愛が安定しない人は心が安定しない。
心が安定しない人は恋愛も安定しません。
では何で心も恋愛も安定しないのでしょうか?

星を見れば何かが強すぎたり、弱すぎたりしてバランスを欠いているからです。

ハッキリとこの星とこの星がこれこれこうだから私は分裂しているとか
極端なんだ!だからこういうタイプに惹かれたり、
ああいうタイプに惹かれたりどちらかになるんだ!と
観えなければコントロールできません。

過去に付き合った人とか好きになった人の星を出せば共通していて
だから上手く行かないし、
だから惹かれてしまうし結局は破綻したんだなと分かります。
そういう具体的な勉強が原理として理解できるのが運命学であり、
星学や姓名判断や易学やタロットなんです。
ただ、タロットや易学だけで星学がないと原理としては片手落ちなんです。

命 相 卜 仙 医 と

武 文 法 軍 政 財 商 工 農 家 楽 舞 祭 食 礼 芸 服 装 と

それぞれの学問が必要なんです。

命学は数命学で星の学問
相学は手相、人相、墓相、家相、土地の相、話相、脳相
卜学が易学やタロットのような今どうか?というような占いの術
仙とはチャクラや気の世界の知識と修得がないと本当の世界は見えてこない。
医とは漢方学、化学、科学、鍼灸学などの干支や九星も含めて
医学的な知識体系を知り学び修得訓練する学問


武は武道という型の中で心理や真理を学ぶ。
文は文学や詩や歴史から知能を鍛える。
法は法律を学ぶ。
軍は国を守る軍事について学ぶ。
政は法律や軍事や経済や文化全てを総じて学び治める学問。
財は経済、財政を学ぶ。
商は商売、経営を学ぶ。
工は建築や道路建設や工業を学ぶ。
農は農業を学ぶ。
家は家庭やそこに生きる人生を学ぶ。
楽は音楽から物事を深める学問。
舞は舞から学び修める。
祭は祭祀にまつわる全てを知り学ぶ。
食は医食同源を学ぶ。
礼は礼節や風習から学ぶ。
芸は芸能芸術から学ぶ。
服は服から文化の違いなど学ぶ。
装は装飾品、器、器具などから物事を学ぶ。

要するに人の心とか考え方とか運命を様々な角度から学んで
自分や相手が上手に幸せになる為の知識経験を積み上げなければ
感情と欲望だけでは人と人は末永く上手く繋がり合う事は出来ない。

それは恋愛も結婚も家庭も親子も夫婦も家族も仕事も学業も何もかも
知り学び統率して調和のあるバランスが必要。


という事で・・・・

人の心は山あり谷あり移ろいやすく
占い師はその人の心の移ろいの阿弥陀クジやスゴロクの姿が見えますが
本人はその都度、その時の気持ちを胸にして質問します。

離れたくない!という思いでの質問

こんなのは早く離れたい!の思いでの質問

俯瞰してみて気持ちの満足、心からの納得、後悔しない生き方をして
数年後にこれで良かった!と言い切れる自分自身である事が一番大切だと思います。


●占い師に言われたから
別れて正解だったけれど・・・・
もう少し努力しきって自分に本当に悔いが無いところまで頑張ってみた方が良かったかも・・・・←これが後悔ですね?

●別れない方が良い!と占い師に言われたから、我慢努力してみたけれど・・・・
やっぱりあれから数年間色々あって、もっと早くに分かれておけば
自分には今は別のもっと大切にしてくれる人がいたかもしれない!と思う・・・・←これが後悔ですね?

これは千差万別で占い師から見ると
千年でも追い求めて苦しむ姿が見えるならば
後悔しても良いから辞めた方が幸せになれると断言したくもなりますが、
本当に何がその人の求めている事なのか?

運命の五段階を元にアドバイスする訳です。

(極勤)死ぬほど努力したら訪れる運命の流れ
(勤勉)努力したら到達する運命の流れ
(中運)何もせずに自然にしていたら起きる運命の流れ
(怠惰)少しサボっていたら起きる運命の流れ
(極怠)かなり慢心したり傲慢になったりした場合の運命の流れ

どちらにしても依頼者が恋がしたいのか?
結婚の相手を見つけたいのか?

これを定めないと努力しようにも途中から投げ出せば恋は終わりです。
結婚は・・・投げ出さない決意で行う契約ですから、
契約しても投げ出す人も沢山いますが、、、、

3年か4年おきに転職繰り返す人に 次の適職はなんか無いですか?と質問されても
自分自身が定まらない生き方だと仕事も定まりませんよ?となります。

だから、仕事も恋愛も基本は安定した自分自身の心が出来ていないと
尽くし過ぎて我を見失う。
求め過ぎて相手のペースを失わせる。
病的で不安定な心と運命では 人生は山があり過ぎて谷があり過ぎる事になります。

真面目に人生を遂げていきたい!←これがある男性と女性が幸せな恋愛または結婚生活が実現可能です。


真面目な人生を遂げたいとは安定してコツコツと地味にでも安定した人生を築きたいという生き方です。

この逆の言葉は不真面目に人生を遂げないで行きたい!
つまり、男女も適当に遊び恋して上手く行かなきゃ別れて次を探してまた上手く行かなきゃ・・・・流浪する生き方。

職場と同じでどこかで我慢して続けて行かないと転職を繰り返すように
転恋転婚を繰り返すという事です。

どこか我慢は絶対に必要です。
何処で何を我慢するのは良いか?

これが定まらないと
絶対に次もまた次もと我慢が出来ず流転します。



恋がしたいならば、恋には目的はありませんし、恋している事が目的なので。。。
好きになり猛烈に燃えて衝突して喧嘩して我慢したり努力したり結局感情が耐えられなくなり別れる。
そして恋して猛烈に好きになり・・・・を流転する。

思われていても尽くしても怒っても悲しんでもどうしていても恋している事が目的なんですね?
それが嫌ならばどうにかする方法を質問してくれたら
それに対して答えます。
恋という生き方が安定した結婚という生き方にしたいならばという事です。


婚活が目的です!アドバイスしてください!とハッキリと断言されて質問されたら
その上での運命学やら持てる能力を全て用いて答えを出すわけです。
結婚が私の人生の目的です!と言えば、
恋して悶えて求めて満たされて再び悶えて苦しみ満たされ満足したり苦しんだりは
止めます。
年星や月星の思いが止まらない収まらないとか、
恋愛大好き星が収まらないと一生収まらないで流転します。
究極的には自分自身の年月星の人格キャラと日時星の人格キャラが
和解して調和して円満になれば、
円満になった運命と円満な運命を共にする相手が現れます。

自分自身の星々の人格キャラが分裂して和合していなのに、
自分以外の異性にこの私と和合してくれと望んでも無理です。

恋愛も結婚も自分対自分の調和の現れとして
外にその調和した姿の相手が現れるという原理です。


どちらにしても自分自身の運命やカルマや本心の整理がなければ、
恋していても
婚活していても
どちらにしても

定まらない自分には定まらない結果が帰ってきます。

運命は鏡の原理です♪

如何でしょうか?



(^◇^)



^^) _旦~~ 今日から貴方も心が定まり恋愛や結婚や仕事やその他に運命好転できるお茶です♪


拍手ポチッと宜しくお願いします。('◇')ゞ
いつもありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mittendousen.blog.fc2.com/tb.php/265-81032c8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。