FC2ブログ

密天堂仙の安居楽業

理性的な二人の結婚について

理性的な二人の関係

理性的な二人の結婚について


天地安泰を示すカードのナンバー5について
カードと星の連動する占術の解説をします♪

(^◇^)



最近出会った彼(彼女)であれ、
前から知っている彼(彼女)であれ、
私をどう見てるのか?相手の気持ちはどうなの?というのは、占いで一番質問される内容でしょうか。

幾つかのパターンがありますが、

理性的な好感についてのカードの説明をしますね♪
このカードは恋愛したい!恋愛最中♪という人には喜びが湧きませんねえ。

( ˘•ω•˘ )?

理性的な好感って、恋焦がれる雰囲気が言葉から出てきませんからね。
天と地が安泰に交わり皇帝の息子が部下の大臣の娘を嫁に貰うというカードがあるのですが、
これってある意味、政略結婚?というような意味合いがあります。
王家は他の王家と婚姻関係になる方が分相応な訳ですが、
一寸、反発的な武将とか軍部の大臣が王様としては目の上のたんこぶなんだけれども、
その大臣の愛娘と自分の息子が恋仲になった・・・・或いは、お見合いして、気を引き合った。
よーし!お互いに上司と部下だけれども、
上司の息子と部下の娘が結婚すれば、共に協力して、
二人の間に出来た、孫の未来、末々の子孫の為にも国家安泰に協力して頑張ろう!という目出度い結婚のカードなんです。
それで、部下の大臣、軍部大臣の娘は地味目な結婚衣装を着て、自分がキラキラと王子様よりも目立たぬように
王家と大臣の家系との差を嫁ぐからと言って踏み越えない様に、身を低く控え目に嫁ぐという意味が示される訳です。

どう見られているのか?と示されたら、
これは地味だけど、良い意味で取られて良いですね?

ただ、理性的で地味な二人とかそういう意味なので、
家柄とか国家の安泰とか何も考えずに、
恋に恋して、彼に恋して、彼女に恋して、家も国家も地位も財産の命の危険性さえも考えず
燃え滾る恋心というような危険でも燃え上がる熱い恋心のカードではないという事です。

性格が真面目で理性的な女性と理性的な男性の二人ならば、
急いで燃え上がる状況ではないけれど、地味に関係性を築いて深めていき、
良い関係になれますよ?という意味です。

それで鑑定中にこのカードが出ると政略結婚とか地味とか真面目な二人とか説明するのですが、
どうも政略結婚というと一般的にはネガティブな要素が強くイメージされてしまうようです。

言い方にもよるのでしょうが、合理的で理性的で一時の性欲や恋愛欲にかられず、冷静に相手を選び
自分の実家の両親や家系とのバランスも考えた上で進めて行く良い縁談という意味ですと言えば良いのでしようか。


それで、鑑定では、カードと相談者と気になる相手の星が連動して示される事が良くあります。

サンプルとして分かり易いのを示しますと、

男性の星の配置が、

年柱-帝旺←ナンバー1パワー星
月柱-冠帯←ここがプリンスとプリンセス星
日柱-建禄←ナンバー2パワー星
時柱-養←子供星・小学生

女性の星の配置が、

年柱-養←子供星・小学生
月柱-冠帯←社会人成りたてのお兄さんお姉さん星・プリンス・プリンセス星
日柱-胎←赤ちゃん星
時柱-建禄←大臣星・職人気質星

男女ともに冠帯というプリンス・プリンセス星がありますよね?

男性には帝旺星と冠帯星
女性には建禄星と冠帯星

まさに王様と大臣のそれぞれの子供が並んでいる配置の関係なんですね♪

ナンバーワンパワーの帝旺と
ナンバーツーパワーの大臣が、
それぞれの息子と娘を嫁がせる。
こういう星の配置は気が合います。

そこから二人がどの関係性で関わるか?が
他の星とか性格とか運気によって変わってくるわけです。

子供ぽく甘えん坊の星の多い女性と自分の星の配置に王様から大臣からプリンスから地位権力パワーがある星ばかりの男性。
そして男性の本心には子供星の甘えん坊さんが隠れていますね♪
社会的に立派な地位の星ばかりが勢ぞろいだけど、
男性の胸の奥には小学生の男の子みたいな甘えん坊さんが潜んでいます。

バランス的には良い星の配置ですね。
男女共に強いのばかりの勢ぞろいだと、気は合うけれど反発もして、
更に仕事の仲間ならばよいけれど、プライベートな男女関係だと、
強すぎる男と強すぎる女は上手く行きません。
女性が強いと弱い男性よりも自分よりも強い男性を求めやすいですが、
男性は強すぎる自分に匹敵する女性と四六時中一緒に暮らしたいとは思いませんね。

熱烈な個性の衝突する恋愛や自我の執着した性愛関係ならば一時的に燃え上がれますが
長くは続きません。

もしも、長く続きたい!ならば、女性が愛の為に女帝星や女大臣星を捨てて生きた侭、別の星を受け入れる必要があります。
まあ、そういう事はこの今のサンプルでは必要がありません。
女性は根深い意識では大臣星ですが、他の全ては子供や赤ちゃん、そしてお兄さんお姉さんという意味のプリンセスの星なので、
帝旺と建禄と冠帯の星と衝突する事がないです。
強いて言えば赤ちゃん星は、赤ちゃんが泣きわめくように切れる時がありますが、
帝旺や建禄の星を持つ彼は、
可愛い赤ちゃんだと見えるでしょう。

王様の我の強さはピカ一ですが、
赤ちゃんの泣き声も癇癪もピカ一です。
赤ちゃんには相手が狼でも優しい人間でも気にしません。


話しをカードに戻すとカードに王様と大臣の子供達の結婚の意味の物があります。
そのまま、この星の配置と連動して示される訳ですね♪

(^◇^)

建禄の冠帯とは
大臣の娘

帝王の冠帯とは
帝王の息子

大臣の娘を帝王の息子が嫁に貰う。
これでこの国も安泰という意味です。


という事で、
軽薄な二人ではない。
お互いに立場があり理性的な二人。

結婚は親子や兄弟姉妹の様な愛情で結ばれる方が上手く行きます。
恋愛から結婚は少なく、
結婚モードで気が合う人と一緒に人生を共にしたいと思うものです。

ロマンスを求め続けながら結婚に辿り着かないと相談す方が多いですが、
ロマンスも性欲も物欲も金銭欲も人生を共に生きるというよりも、
自分が楽しみたいが中心なので、
その目的と結婚したいというのはチャンネルが違い過ぎるのです。

人それぞれ、
対人関係の熟達度
これは他人様同士の例えば仕事場での対人関係とか
学友との付き合いとか
近所付き合いとか
親戚や家族付き合いの成熟度とかあります。

親子関係

兄弟姉妹関係

家族全員関係

-------------------------
先生と生徒関係

学友関係(先輩後輩含む)

友達関係

親友関係(赤の他人だけど肉親の様に仲良くなる)

異性友達関係

恋愛関係(親友は何十年も付き合うが恋人は結婚しなきゃ時間限定)

結婚関係(元々は他人が肉親、身内として生きる)


それで人はそれぞれ成熟度が違います。
職場での成熟は大きいけれど、
異性との関係性は未成熟とか経験が少ないとか。
異性関係は成熟しているけれど、
親子関係は最悪とか、
結婚意識は成熟しているけれど、仕事での対人関係は下手だとか。
偏りがあります。
勿論、オールマイティーな人もいます。

人により必要な課題が違います。
時期も違います。
結婚のみを考えるべき時期に恋愛に熱中するのは後で困ります。
結婚を望んでいるというけれど、恋愛を知らない人もいます。
それだと結婚してから男性の気持ちとか対応に困ります。


天地の安泰カードナンバー5の示された場合は、
それが恋愛を中心にしている人でも、
人生のエンジョイ楽しみのウキウキ世界で明るく生きたい!という目的の人でも
結婚をしたいのです!という目的の人でも、
焦らずに地味に着実に関係性を築くべき時期だという暗示があります。


この仕事は上手く行くか?この取引はするべきか?
早急に答えの必要な場合が仕事にはあります。
仕事でならば、着実に商談を進めて良い。
焦ってはダメという意味になります。

最近知り合ったばかりとか、
久しぶりの再会だけど、あまり関係は築かれていないとか、
とぢらの場合でも、相手との関係を
是とか非とかつけるのは早急すぎます。

関係性の一歩一歩は友達でさえも徐々に進めますので・・・

特にこの理性的なカードの示された時は、着実で合理的でコツコツと進めば吉という感じです。

運気とか運命とか星の配置とか星の巡り合わせで

 急 い で 進 め て 吉 ♪ (^◇^)

という場合もありますよ?
それはまた別の機会に解説しますけれどね♪


再び、帝旺と冠帯と建禄という関係について説明を戻します。


要するに相手の男性の「心の宇宙の設計図」にある星が
帝旺と建禄と冠帯と養という配置であるという事です。
ナンバー1のパワーの星とナンバー2の星と王子様の星と子供星という関係図を
自分自身の内側に持っているという事です。

人間の惹かれ合うとか縁があるとか魅力として映るというのは、
この自分の持っている設計図に刻まれている星のスタンプが
そのまま自分以外の世界にも振動して反発したり引き合ったり、助け合ったり無視したり
興味が湧かなかったりという事です。

------------------------

星の配置がそういう意味で相性が良ければ、全て上手く行くと言うものでもありませんね♪

( ;∀;)

反発し合う配置の相手よりかは相性が良いというだけで、
相手も自分も気が合う程度で終わる場合もあれば、
仲良くなる場合もあります。

^^) _旦~~

その違いは、
例えば同じ祭壇の御神体や御本尊でも毎日感謝してお供え物をして信仰する場合と
粗末にただ安置してあるだけととでは効力の発揮の仕方が違うというのと同じです。

種子が有っても水をやらなければ、根や芽が出て成長していかないのと同じです。

相性が良い星を持っていて、それを大切に拝む。
相手の存在も大切に拝む。
これによってお互いの星の力が輝いて、
良いご縁に発展していきます。←ここ重要です♪

-------------------------


自分自身の中に帝旺さんと建禄さんがいるので、
自分以外の世界でも建禄さんを引き寄せ易いという事です。
そして帝旺と建禄を持つ男性が同じく建禄を持つ女性を見ると
自分の中の帝王と建禄のように、
そのまま自分の帝王が自分以外の建禄を持つ人には共鳴するという事ですよ?

自分の心と運命の設計図の中で、これが良いと思う生き方が
そのまま自分以外の人にも建禄がある人には親密感を抱きます。
-----------

そういう意味で、ある日の男性の気持ちが
帝旺星の彼から建禄星を持つ女性への合理的で理性的な結婚というカードの示す気持ちだという事です。
合理的にお互いの立場を活かす結婚とか恋愛という意味があります。

 (王様)
年柱-帝旺→養
月柱-冠帯→冠帯
日柱-建禄→胎
時柱- 養→建禄(大臣)


更にもう一度、おさらいしますと、

普通に政略結婚という言葉はどちらかというとネガティブにのみ聞こえやすいですが、
占い運命学の世界では、良いお見合いとか合理的な恋愛や合理的な結婚に示されるものです。
控え目な結婚や恋愛
地味な服装での関わりとかを示します。

派手で一時の色情欲望とか一時の恋とは対照的な意味です。
燃え上がる恋愛ではなくて地味で建設的な二人は、
後々までも幸せや発展が続くようにと思慮深く考えた大人の付き合い。

末永く人生を二人の身分や考え方や生き方や立場を考えた場合のトータルで良い結婚や恋愛、または対人関係に示されるものです。
というのも占いの世界の言葉というのは、
全て象徴的で尚且つ定められた理論によって配置された意味合いだからです。


理性的で合理的で建設的であるという意味です。

彼は私をどう見ているか?
彼女は僕をどう見ているか?
という質問で、貴方の事は好意的に見ていると言ってもレベルとジャンルがあります。
レベルとは物凄く良く思っているとか、何となく良いかなとかという意味のレベル。
強弱という意味です。

ジャンルとは顔がとか性格がとか雰囲気がとか肉体がとかお金が地位がとかそんな感じです。

好かれているとか興味があると言ってもその次元は幾つかに分類されます。

例えば
容姿が好かれていると言っても

・性的な次元の容姿なのか?
・恋愛対象的な次元の容姿なのか?
・結婚するにはこんな人が家庭的で幸せを築けそうだという次元の容姿なのか?
・単に人として好感を持てるという容姿なのか?

性格とか人柄に興味を持って
生まれつき情熱的で無い性格の人ならば
恋愛次元はスイッチが入りません。

・性欲の対象としてのスイッチか?
・保守的な家庭関係のスイッチか?
・利害関係のスイッチか?
3つのスイッチしか動きません。
悪く言えば心が動かない人です。
良く言えば感情では動かない人です。
そういうタイプの人の気が引けるのは、
貴方の性格とか人柄が優れているか?
貴方が性的に魅力があるか?
貴方か彼に利益をもたらす何かがあるか?です。
ただ、合理的な彼は性的な魅力だけでは結婚はしません。

---------------------------------------
12の次元の世界を説明します。

情熱的な人で結婚の実行段階やその手前として
結婚というノンエゴの意識に成長した二人に起きる現象。
建設的な人生の設計。共に生きるパートナーという意識。
親にも兄弟姉妹にも愛情は強くても欲情も恋焦がれもしないように、
他人であり異性でありながら、強く共に生きる願望が芽生える尊敬できる相手。
理想的にはそれが結婚現象であり、本当は結婚人格まで成長していないのに、
たまたま、早婚とか晩婚でも結婚に至ってしまうと後から問題が起きてくる。

結婚次元の世界①~④(物欲も性欲もエゴの執着も無い二人)
①母性的で家庭的な二人で心情的、感情的、情熱的、愛情的
(男女とも地位や経済力はそれほどないが助け合って生きて行く愛情世界で二人の気持ちが一番大切という生き方)
ハート+ハート

②母性的で家庭的な二人で合理的、計画的、協力的、理性的
(男女とも地位や経済力はそれほどないが助け合って生きて行く愛情世界で人生を家庭的に幸せを建設して行こうという生き方)
ハート+理知

③父性的で設計的な二人で心情的、感情的、情熱的、愛情的
(ドライでクールだけれども冷たい訳ではなく結婚前提の心情的なエネルギーの出てる二人)
理知+ハート

④父性的で設計的な二人で合理的、計画的、協力的、理性的
(ドライでクールだけれども冷たい訳ではなく結婚前提の心情よりも現実開拓的なエネルギーの出てる二人)
これはかなり成熟した二人の意識状態。
理知+理知

-----------------------
⑤恋愛次元の世界(恋愛してるけれど結婚迄は何故か行かないという人)
恋愛とは未完成な人格がエゴの欲望や心情によって麻薬中毒の様な陶酔感に陥る現象。
心情的欠落から来る不足感が原動力な憧れや支配欲、渇望感、幸福感、至福感の二人
父母が愛の次元に成長してなかった子供は恋愛とそれ以下の次元にとどまり易い。
恋心しているようでいて実は「心」という次元が開花していない。
感情+感情 または、感情+欲望

・貴方が支配したい系
・貴方が支配されたい系

・貴方が攻撃したい系
・貴方が攻撃されたい系


・貴方が尽くしたい系
・貴方が尽くされたい系

・貴方と同族助け合い系の助ける側
・貴方と同族助け合い系の助けて貰う側

・貴方と同族系の同意し合う同士。
・相手と同族系の同意し合う同士。
-----------------------

この辺りは親子関係に問題がある。自我意識が低く人生の目的や寿命が計算に入っていない。
星の配置にも姓名判断にもズバリ印が付いています。
過去世からのカルマの現れです。

⑥性欲次元の世界
・性的な二人、後先考えず不倫 (他者を巻き込む)
・性的な二人、一対一
・性的な二人、欲情すれば何時でも誰とでも、

⑦物々交換のビジネス次元の関係(金銭欲と性欲だけの二人)
・商売としての売春か
・契約愛人か

⑧野心、欲望次元の関係
・地位、名声、財産を狙った女と色欲美貌のみが欲しい男
・プレーボーイの金持ちの遊び相手か(楽しさ、刺激、虚栄心)
・美貌で金だけ得て対立するか飽きられるまでは婚姻関係を結ぶ二人。
-----------------------
高尚な愛によるノンエゴではなく、こじんまりと人生が平坦に進む人に多いパターンです。
深い愛でも高い愛でもありませんが、庶民的な平和で穏やかな愛情の世界です。
上の①~④の理想的な次元の結婚意識ではないし、
心理的に未発達な恋愛次元でもないですし、
カルマ的な性欲や情欲ドロドロの悩み世界でもない世界です。

⑨身内的人情関係次元の世界
・兄弟姉妹のような関係の二人
・親子の様な二人
⑩他人的人情関係次元の世界
・上司部下の様な二人
・友人の様な二人
--------------------------------
⑪霊的次元の世界
過去世からの霊的な意識での関係があり、使命を持って生まれて協力する世界。

⑫魂的次元の世界
高い意識で魂レベルの縁がある世界。


以上の12の次元として示しましたが、細かくは28に分類されています。

そういう全体像の中で、
貴方の立場がどこに位置していて、
相手の何が気になり、
今後どうしていきたいか?

プロとしては、依頼者の要望に出来るだけ答えます。


これはちょっと話しておきたいとか
教えないと可哀想だとか
こちらの方が良いですよ?とか
限られた鑑定時間に説明する訳です。

出来るだけ安全でペナルティーが後から来ない生き方の方が良いです。
でも、人それぞれの運命やカルマ、宿命が違うので、
その人なりの立ち位置から、私に出来る事を精一杯するという気持ちでやっています。

今回のサンプルとは別に、
男性の星の配置が違えばまた説明は違いますし、
女性の星の配置がもっと弱い星だらけとか強い星だらけとか
程よい中位に囲まれた配置だとか、
組み合わせは沢山あります。
共通してアドバイスしたいのは、
貴方自身が一番幸せになれるであろう生き方をすることです。
色々な星やカルマや運命や人生を観てきて、
ああ、こうしたら良いのになあ~と思う事は山とありますが、
その時々に一番必要な事を消化していく。
責任を背負って全力で生きる事です。

それを全部説明すると1時間2時間話して数日消化してはまた1時間2時間やりとりして、
塾にでも通うか、家庭教師のように毎週勉強するか、そういう勉強の仕方をしないと、
ならなくなります。

私は基本はそういう塾・家庭教師が中心で占いと心理分析と呪術や風水も駆使して
ヨガや気功も教えながら仕事しています。1分幾らとかそういう教え方はしていませんよ。
コース毎の月額制です。

だから、電話占いという特殊な条件でどこまで一期一会が出来るか?極めて少ない時間でどれだけ役に立てるか?
そして、ブログを使って、鑑定時間という限られた世界では伝えきれない内容を書いています。
説明すると長くて文章で図解しないと記憶できそうもない知識体系を書いて参考にして頂き、
一人一人に出来るだけ幸せになって頂きたいなあ~と思っています。

鑑定中も鑑定後もブログの記事のどれどれを読んでくださいと勧めて
話の通りが良くなりますね♪

ブログは文章にしても分かり難いとか難しいととか誤字脱字が多いとか
あれこれありますが・・・・( ;∀;)

だから、貴方が軽い気持ちでこれって何だろう?と思っても、
私が説明すると長ーくなる構造があります。基本的知識が共有されていないからです。

その人自身にその人自身の星の配置と共に易タロットや運命学など様々な能力を駆使して
鑑定しますが、今回の星の配置は私の相談者に割と多い帝旺や建禄や冠帯の配置を使って
説明しました。

その他の星の配置では過去の記事に病や死や絶は書きました。
一番暗い部類の星の解説です。
実際はもっと細かい星の数々を観ますが、
複雑過ぎるので簡単な解説は出来ないです。

貴方自身の配置の解説ならばできますが、
多くの人が一般論として学べるような解説は本一冊かそれ以上に必要ですねえ。

今回のポイントは12の次元の男女の立ち位置です。
いつもどの次元なのか?
私からすると当たり前の知識ですが
こういう風に説明一式してある所がちょっと見当たらないので
皆さんはピンと来ない場合もあります。
恋愛とか人生の経験を積み重ねた人は直ぐにピンとくるか
初めからその人も理解している場合もあります。

参考に以下の記事もどうぞ♪

片思いから両想いになりたい女性の為のアドバイス
http://mittendousen.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

恋愛と結婚の7つのチャクラの選択
http://mittendousen.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

彼は結婚次元しか考えて無い男性なのに、貴方が恋愛次元の立ち位置だとか
この場合は上手く行くには、相手の次元を落として貰うか?
自分の次元を上昇するかしか両想いの実現はあり得ません。

彼は性欲しか芽生えていない次元の男性なのに
貴方は彼に恋愛次元の立ち位置で両想いを望んでいる場合は、
彼に恋愛の次元に人格が上昇するか、
貴方が性欲の捌け口の対象に次元下降するしか
両想い?は実現し得ません。

ハッキリ言って上手いく恋愛とか結婚運の人は星の配置が違います。
じやあどうすれば良いか?
自分の心の設計図である星を自分の意志で変える事です。
新しい星を受け入れて学び、人格星格(せいかく)を成長させる事です。

どうやったら恋愛運と結婚運を良くできるか?
色々な方法があり、学び努力すれば、
資格試験と同じく合格してその能力が発揮できます。


長くなりました。

(^◇^)

如何でしょうか?


^^) _旦~~ 今日から天地安泰のカードの解説から始まって星とカードと運命が連動している事が理解でき幸せになれるお茶です♪




拍手ポチッと宜しくお願いします。('◇')ゞ
いつもありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment

こんばんは。

密天堂仙先生、今回は物凄い長文で驚きました。
こちらは鑑定のお仕事では無いのに、時間を掛けて凄い情熱ですね。

鑑定の他にも色々されているのですね。

>説明すると長くて文章で図解しないと記憶できそうもない知識体系を書いて参考にして頂き、
>一人一人に出来るだけ幸せになって頂きたいなあ~と思っています。

夫々に当て嵌まる事が書かれているのが凄いですし、その行き届いた優しさの礎は一人一人に出来るだけ幸せになって頂きたいという熱心さなんだと分かりました。

きっと先生は、時間の使い方が物凄く上手なのでしょう。

読む方は有難いのですが、
長文に根気を詰めずお身体をご自愛くださいませ。
2017.09.02 23:02 | URL | いっちゃん #- [edit]
情熱・活動・信念・時間の割り振り・慈愛と自愛
時間の使い方は上手というか・・・ブログに丸々1日2日かけたりする場合もあり、
下手とも言えますが、密天堂仙とはどんな知識体系で導いてくれるのか?
ブログを読んでから鑑定依頼する人がそれなりにいるので、
それだけ話の進み具合は効率的だと思いますよ♪

どうしても理解して貰いたいし、
中途半端な鑑定はしたくないので・・・・
情熱を込めて非効率的な作業にも熱中してしまえるのです。

根気を詰めて疲れるので、ヨガでストレッチしてますよ~
心配してくれてありがとうございます♪

(^◇^)
2017.09.04 09:04 | URL | 密天堂仙 #- [edit]
密天堂仙先生、こんばんは。

>それで鑑定中にこのカードが出ると政略結婚とか地味とか真面目な二人とか説明するのですが、
>どうも政略結婚というと一般的にはネガティブな要素が強くイメージされてしまうようです。

先生のブログを読むまで私も「政略結婚」って、ネガティブな要素を強くイメージしていました。
映画やドラマでもネガティブな要素を強く描いているものがあったりして。

>言い方にもよるのでしょうが、合理的で理性的で一時の性欲や恋愛欲にかられず、冷静に相手を選び
>自分の実家の両親や家系とのバランスも考えた上で進めて行く良い縁談という意味ですと言えば良いのでしようか。

思考も精神も成人しているんだなと思いました。
自分で選択しつつも自分の実家の両親や家系とのバランスも考えた上で進めて行くなんて理性的ですし、自分と家系の為に冷静に相手を選ぶことは私には無かったです。
欲を優先して感情に翻弄されて思慮分別も無く、結婚にも至れず年月が過ぎ、
考え無しに生きて来たツケで強引に結婚にこじつけて失敗した過去があります。
先生のご解説で、結婚への考えを改め、霊的に備えようと思いました。
2017.09.07 20:53 | URL | いっちゃん #- [edit]
成熟した大人の恋愛や結婚観
成熟した大人の恋愛や結婚観は
私が子供の頃からテレビや映画を見てはそういう物だと感じていました。
これは年齢が成熟する事ではなくて

本来は小学生や中学生の時期には結婚観が形成されていなければ
まともな結婚は難しいと考えられます。

思春期の純粋な時期に父母と自分の家族愛に目覚めて
理想の夫婦や家庭を内側から喜び求めなければ

只の性欲ホルモンの増加と自我の発達心理学上の
異性や他者への興味や欲望という形が先行してしまい

自我ではなく人格で求める恋愛や結婚に至れません。

こういうのがまともな発達とまともな恋愛とまともな結婚の流れだという
見本になるテレビドラマや映画や小説があれば提示したいところです。

もう何年もテレビは見ない生活をしていますから、
最近のドラマは分かりませんが・・・・

昭和の時代には、子供でもああこういうお父さんになりたいな~とか
こういう夫にならなければ みたいな理想をテレビからも学べました。

少子化の原因の一つは経済政策。
もう一つは倫理的な教育の欠落だと思います。
家庭に対する憧れとか義務感が恋愛と分離されてしまった時代だと感じています。

( ˘•ω•˘ )
2017.09.17 02:03 | URL | 密天堂仙 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mittendousen.blog.fc2.com/tb.php/253-9d6e48e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。