FC2ブログ

密天堂仙の安居楽業

自分の囚われから抜け出て強烈に願いを実現して欲しい!

自分の囚われから抜け出て強烈に願いを実現して欲しい!2

自分の囚われから抜け出て強烈に願いを実現して欲しい!


折角の強い星を持ちながら、
本当に発揮しきれていない。

強すぎる拘りや
弱気な他の星の影響で本当に発揮しきれていない。

自分の拘りというのは人それぞれ違う。

◆相手の条件を何も考えず
借金抱えて苦しんでいる人ばかり好きになるとか
(苦しい人が好みという拘り)

◆相手の性格よりも何よりステータスとか条件がメインで
一緒に末永くいられない相手を選んでしまうとか。
(ステータス条件に対する拘り)

◆プレーボーイなイケメンばかり追いかけてしまう拘り。
(遊び相手の一人で良いならばそれでも良いかもしれないけれど、
婚活語りながらプレーボーイしか好きになれない拘り)


◆理想が高すぎる拘り。
優しくて清廉潔白で一途な情熱タイプで
仕事も出来て時間が沢山あってお金も沢山ある人じゃないと嫌だという拘り。

弱気ならば、もう少し強気に!
強気過ぎならば、もう少し弱気に!

あれこれと拘り過ぎる自分の癖を平らにバランス良くしたら
貴方の人生はもっと楽に幸せに生きられるのに!


色々な事例があります。
星の科学では、
約300種類の事例があげられています。
細かく言えば36万種類の事例。
これが統計学とも言われる理由でしょうか?
代表的な事例を分かり易く書きました。

-----
★ワンマンな男性と控え目過ぎる女性
自己主張して遠慮しないようにするべき人もいます。
かといって正面から主張したら相手は直ぐに人間関係を切り捨てる性格の人。
つまり、控え目な性格の女性に対して
ワンマンで思い通りにならないならば躊躇なく切り捨てる男性。

ワンマン男性の拘りを捨てて、
相手の為になる生き方をするべき。
それは「人を直ぐに切り捨てない生き方」になるべき。
相手の為にはドケチな性格を改善するべき。
ドケチとは自分しかない世界に生きている姿の事。

控え目過ぎる女性は、
自分自身の為に心の中だけでも
自己主張を大きな声で自分に言い聞かせられる人になる。

神仏に対して、
「もしも良かったらこういう風にしてください」という遠慮しがちな祈りではなく
強く強情に押し通す位の性格に変わるべき。

自分の為にも自己主張できる性格になる。
損得考えず言いたいことを上手に言える性格になる。

ただの言いたいことをぶつける事も出来れば、
知恵を使う事も出来る性格になる。

これはこうするべきだと強く心の中で念じて自力の祈願を押し出せる性格になる。
具体的に自分の持っている願望を祈願文という形にして
自分の心の中で大義名分を作る。
-----
★仕事と恋愛の区別が付けられない女性

別の事例では、
後先の成功と失敗を考えず、
楽しい充実したひと時を楽しめる性格になる。
恋愛はビジネスではないのだから、
片思いでも楽しいし、
相手が振り向くかどうかという成功報酬が手に入らないならば
好きな人を思うのは断念というような物ではない。


-----
★非人間的な男性に囲まれて気が付くと自分も非人間的な流れに身を置く女性。

別の事例では自分を苦しめる舅、小姑、そして夫が酷いのです。
そして彼らには人の道というものがありません。
しかし、気が付くと私も人の道から外れて生きていました。
これが業なんでしょうか?
救いはどうしたら良いのですか?
子孫にも影響するのですか?
命にも関わる業を背負っているのでしょうか?

-----
★何故か未完結な関係をいつも選んでしまう女性

別の事例では、
相手がどうか余り関係ないし、
自分がどうかも関係ない。
好きなものは好き。
そして楽しい。
そして出来れば・・・・一緒にと思い続けて
相手も複雑な気持ちで自分も苦しみつつ
ハッピーエンドを何故か目指さない。
チャンネル変えて自分を本当に幸せにしてくれる人には興味がわかず、
何故か問題を抱えた恋愛になる相手ばかりを好きになってしまう。
友達なのか恋人なのか?
フィアンセなのか彼氏なのか夫なのか?
どちらにもなり切れないのは、
実は命式になり切りたくない配置があるから、

つまり、運命の遺伝子や運命の設計図に
私は私という固有の存在を中心にしていたいという自我の強さが問題として見えます。

お嫁さんにもなり切りたくない。←面倒で縛られたくない本心。
恋人にもなり切りたくない。←結婚相手にならなければ物足りない。
ただの友達もなり切りたくない。←恋人関係ではいたい。
二人だけには成りたくない。←周囲に同じ友人知人を交えてガヤガヤと楽しくしていたい。
二人だけで関わりたい。親も友人知人も不要。←二人だけでしか通用しない世界を望んでいる。


見つめ合う二人は実は責任も誠実さも必要になり、
本心から見つめ合わなきゃならなくなる。

つまりは、
自分に疚しいところがあれば、
一人の男性を誠実に見つめきれない。

それは自分の事を自分自身が見つめきっていないから。

-----
命式とか運命ってのは
自分という身近な人間をどれだけ本気で見つめてお付き合いしているのか?
その鏡の原理がそのまま、
仕事にも家庭にも親子にも兄弟姉妹にも夫婦関係にも友人知人にも現れます。

生まれた後からでも調和のとれた幸福な配置に自分を改善し磨く事が生まれた目的です。

色々な事例を見て思う事は、
「拘りを捨てて幸せをつかんで欲しい」という事です。


如何でしょうか?

(^◇^)


^^) _旦~~ 今日から貴方も自分特有の拘りから出て強く願いを発して幸福を増すお茶です♪


拍手ポチッと宜しくお願いします。('◇')ゞ
いつもありがとうございます♪
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mittendousen.blog.fc2.com/tb.php/249-aca2bb65